PICKUP SPOTS 「遊ぶ」スポット一覧

さいたま市立漫画会館「企画漫画展『ファンタジスタ』草場道輝原画展」

1966年に開館した日本初の漫画をテーマにした美術館。もとは、「日本近代漫画の先駆者」と呼ばれる日本初の職業漫画家、北沢楽天が晩年に過ごした邸宅の跡地です。自らが主筆となって創刊した日本初のフルカラー漫画雑誌「東京パック」をはじめとする楽天の作品や業績の紹介を中心に、現代漫画家の作品も展示。移築された楽天のアトリエや楽天存命中の面影が残る庭園なども見ることができます。

<画像提供>
さいたま市立漫画会館

うらわ美術館「ブラチスラバ世界絵本原画展―こんにちは(Ahoj)!チェコとスロバキアの新しい絵本―」

関東大震災をきっかけに、多くの文化人、芸術家が移り住んだことから、かつては「鎌倉文士に浦和絵描き」と称された浦和。そんな地域ゆかりの作家と、本にまつわる芸術作品をコレクションの柱とした美術館がここ。企画展のみの展示構成で、7月10日(土)~8月29日(日)は「ブラチスラバ世界絵本原画展 ―こんにちは(Ahoj)!チェコとスロバキアの新しい絵本―」を開催!両国と日本が2020年に交流100周年を迎えた記念の展覧会です。

<画像提供>
うらわ美術館

造幣さいたま博物館「オリンピック・パラリンピック記念貨幣展」

造幣局さいたま支局に併設した博物館。明治以降の日本の貨幣や記念貨幣のほか、大判・小判などの貴重な古銭、国民栄誉賞の盾といった展示品をとおして、お金の歴史を学べます。平日なら見学通路から貨幣だけではなく、貴重な勲章の製造工程も自由に見学可能です。7月8日(木)~9月12日(日)には「『オリンピック・パラリンピック記念貨幣展』~東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会記念~」を開催!

岩槻城址公園

岩槻藩の藩庁だった岩槻城跡に整備された公園で、いまも土塁が残り、空堀跡は遊歩道になっています。岩槻人形連合協会が建立した人形塚は、「人形のまち」岩槻のシンボル。毎年11月3日にはこの前で人形供養祭が催されます。約600本の桜が咲く花見の名所としても有名で、菖蒲池の朱塗りの八つ橋とのコントラストは見もの。6月頃にはスイレンに彩られます。また、電車好きにはたまらない東武鉄道のロマンスカーきぬ号の展示も。

<画像提供>
(公社)さいたま観光国際協会

大宮公園

1885年に埼玉県内初の県営公園として誕生し、春には約1000本の桜が咲き誇るこの公園内には、かつての東京オリンピックに縁のある施設も。大宮競輪場は、日中戦争の影響で幻に終わった1940年の東京オリンピックの自転車競技用施設として建設されたもの。現在、大宮アルディージャのホームスタジアムとしてにぎわうNACK5スタジアム大宮は、大宮公園サッカー場として1964年の東京オリンピックのサッカー競技の舞台の一つにもなっています。

 

<画像提供>
埼玉県大宮公園事務所

にぎわい交流館いわつき

さいたま市岩槻人形博物館に隣接した岩槻の歴史や文化、産業・観光情報の発信基地です。注目は、今やさいたまの名産品とも言えるヨーロッパ野菜をふんだんに使ったおいしい料理を食べられる1階のカフェレストラン・ヨロ研カフェ。併設している直売所で朝採れのヨーロッパ野菜や岩槻にゆかりの深い食品、工芸品が購入できるのもうれしい。また、伝統工芸の実演やワークショップも開催。岩槻の新しい魅力を楽しんでください。

<画像提供>
にぎわい交流館いわつき

さいたま市宇宙劇場

繁華な大宮駅西口にありながら、静かに時を過ごすのにもってこいのプラネタリウム。大宮が生んだ宇宙飛行士・若田光一さんが名誉館長を務めます。およそ1億個の星を映し出せる最新の投映機を使った「星空の時間」では、生解説とともにロマンチックな星空を。「映像の時間」では、ドームスクリーンに映し出される迫力満点の8K映像を楽しめます。夏休み期間や土・日曜には子ども向けプログラムも投映。天体観望会等のイベントも。

SPA HERBS 美楽温泉

大型ショッピングモール、ステラタウンに隣接して立つ日帰り温泉施設です。天然温泉を満喫できる露天風呂もさることながら、ここの醍醐味は岩盤浴。天井と壁面に岩塩を配したルームやコラーゲントリートメントランプという赤色の光が照射された空間、ナノ水の蒸気に包まれた部屋のほか、広々と開放的な御影石のスペースと個性豊かな全4種類。天井から雪が舞い落ちるクールルームも。男女一緒に利用可能。心ゆくまで癒やされて。

<住所>
さいたま市北区植竹町1丁目816-8

大宮ラクーンよしもと劇場

大宮駅東口ほど近くの複合商業施設、大宮ラクーンの6階にある県内初のよしもと常設劇場です。お笑いライブに慣れ親しんだファン層はもちろん、ライブ初心者でも気軽に楽しめるような公演をモットーに、平日は個性あふれる企画ライブを中心に開催。土・日曜は、老若男女が幅広く楽しめるよう、テレビでもお馴染みの芸人たちが登場する寄席公演やイベントを中心に開催しています。ぜひ、生のお笑い鑑賞デビューは大宮で。

別所沼公園

浦和の食の名物と言えばうなぎですが、これは近郊に沼地が多かったことに由来します。そんな沼地の一つ、別所沼を整備した公園です。しかも今でも沼釣りを楽しめます。その沼の周囲には、中国原産のメタセコイアや北米原産のラクウショウといった木々が豊かに茂り、散歩・トリムコースも。ジャングルジムやすべり台といった児童遊具も充実していて、子どもが自由に走り回れる広場もあるので、親子連れにもぴったり。

<画像提供>
(公社)さいたま観光国際協会

埼玉県立近代美術館

緑豊かな北浦和公園内に佇み、国内外の優れた美術作品を収集・展示するとともに、ユニークで密度の高い企画展などを開催している通称「MOMAS」。建築家の黒川紀章が初めて設計した美術館で、格子を基調とした造形自体も見ものです。コレクションの中にはモネやシャガール、ピカソといった世界的巨匠の作品も。ユニークなのは、デザイン性に富んだ椅子を多数所蔵しているところ。ただ見るだけでなく、実際に座って楽しめます。

<画像提供>
埼玉県立近代美術館/撮影:松本和幸

PICKUP SPOTSおすすめのスポットをピックアップ